​

 こんにちは、学習する言語教育アプリLINGOANY
ネイティブスピーカー ハンナです。

 ​

 ​

発達時期に合わせた適切な言語教育の年齢統計は、どうでしょうか?

 ​

 言語教育を始めるための最も重要なこと、

 子供の現在の母国語の習得レベルを考慮することです。

 ​

 子供が満2歳頃までは母国語の習得が重要なので

 この時期以前は、無理やり英語にさらさない方が、

 良いですが、子供ごとに認知能力と言語能力が異なります。

 同年代と比較してどんなレベルかをよく見て、効果的なカスタム学習を考えなければなりません。

 ​

 一般的な発達レベルに基づいて決めた

ときの統計をじっくり調べますか?

 ​

 ​

 2歳頃

 ​

 この時期、幼児が母国語の文章発話を自然にし、

 他の来年と比較して、言語理解と言語表現が、正常な発達をしているなら、 少しずつ英語の勉強を試してみることができます。

 ​

 簡単な英語の単語や英語の挨拶などが出てくる

 ビデオと歌で英語に興味を持たせる

 母国語にない音を体験させてくれます。

 ​

 この時重要なのは…

 両親とのやりとりを通して行われるべきであり、

 一方的な刺激によるやり取りは、避けなければならないということ!

 両親と一緒に見る映像、一緒に歌う歌は、 楽しい遊びになります。

 自然な英語を習得するのに役立ちます。

 ​

 3歳から4歳まで

 母国語の音素と文法が定着する時期です。

 ​

 この時、面白い英語のおとぎ話を声に出して読んでもらいます。

 英語本を選ぶときは絵がたくさん描かれている

 絵だけで、内容がわかる本が良いです。

 ​

 おとぎ話にも関心の高い年齢なので、

 両親は、毎日読み聞かせを積極的におこなってください。

 ​

 子供が英語を聞くことに集中しなければならない時期で、

 自分で話す前に、英語を話すことを強制しないでください。

 5歳から6歳まで

 この時期は母国語が完成した時期なので

 この時英語を始めても絶対遅れずに

 むしろ、より効果的な英語学習が起こることもあります。

 ​

 すでに英語に着実にさらされている子供は、簡単な英語の動揺を歌う

 アルファベットを書いたり、簡単な質問に答えたりもします。

 ​

 一段階高いレベルの英語絵本やおとぎ話本を見ればいいと思います。

 オーディオブックを活用するのも方法であり、

 毎日1時間ほど簡単な英語のビデオや会話にさらしてくれるのも良いです。

何歳でこの勉強をしなければならないとか、学校に入る前にこれを終わらせなければならないなど、教育も「時期」と言います。

しかし、この時期も絶対的なものではなく、統計的なものに過ぎません。

結局、その時期を決めるのは親です。

この結果は、子供性格、環境、教育方法で決まります。

他の子が5歳で4ヶ国語を話すのは、その子の特別な能力にすぎません。

比較して、子供を急かしてはいけません。

子供が、準備できるまで大人が、少しの手助けをして下さい。

これまで、ネイティブスピーカーのハンナでした。ありがとうございました。

 統計的に見る私たちの子供英語教育時期