こんにちは、
遊んで、学ぶ言語教育アプリ
LINGOANY ネイティブスピーカー ハンナです。

子供たちはいつから学校で英語のカリキュラムを
始めますか? 子供の教科書を見るとわかりますが,
小学校 3 年生からです。

今日の記事では、学年別に小学校 3 年生~6 年生英語教科書の
核心は、何を見逃してはいけないのか
についてです。



学年別英語教科書内容

3 年生英語

英語のカリキュラムを始める
小学校 3 年生英語は、ALPHABET(アルファベット)です。

アルファベットを正しく習うことから
3 年生の過程で始まりますが、
(教科書にはいくつかの出版社があります)

優先的にアルファベットの大文字と小文字
聞いて書いて読んで練習する形で始めて
会話の基本となる Hello のように
挨拶と How are you? 一緒に質問する方法が後に続くようになります。
以降は sit down, stand up のような命令も一緒に学びます。
pencil、desk のような基本的な単語(単語)、そして
天気と数字も一緒に身につけるように構成されています。

4 年生英語

もちろん、3 年生に比べて難易度
少し上がります。

4 年生のカリキュラムの特徴は
生活会話シーンを見ながら聞く、話す内容が多くなります。
また、自己紹介や家族紹介の方法も身につけましょう。
いろんな言葉も増えるようになりますが、
英語の勉強をしながら、必須の語彙も現れます。
<例> on, under, behind, in front of のような前置詞

教育省の指針によると、3-4 年生コースの子供たち
一つのシーン(絵)を見てそれを英単語で
書くことができるようにすることは 4 年生のカリキュラムです。

5 年生英語

3~4年生の難易度差が少し上がったら、
4~5 年生の難易度はもう少し違います。
5 年生のカリキュラムの最大の特徴は
文が出始めるということ!
簡単な文章を読んで書くことを知る必要があります。
適切な単語を入れて文章を完成させる、
文章を書いて会話し、文章を書き換えるなど
文章をよく書くための基本的な枠組みが、用意できるようにします。

また、真ん中からは基本的な文法で簡単な読書指紋も出始めますが、
これにより、子供が文章を読んで理解する能力も育てられるようになります。
(文法に過去形が出始めます)

6 年生英語

6 年生英語教科書の特徴は
序盤部分には 5 年生の教科書と大きな違いはありませんが、
中盤部分からは複雑になり始めるということです。

6 年生の教科書の形は 5 年生の教科書に似ていますが、
もっと長い読書と文章、長い段落、より多くの文法と
英語の書き込み量に違いがあります。


小学校 6 年生のカリキュラム
中学校での英語コースと違いは大きくありません。
中学校のリスニング評価や教科書に出てくるものと
(難易度は異なりますが)基本的には非常に似ています。
だから 6 年生のコースに集中して
内容を吸収するほうが良いでしょう。



子供の小学校英語教育はどうすればいいですか?
こんな悩みを持った両親が多いですね。
小学校英語といっても、言語なので一人でするには難しい部分があります。
3年生教科書にアルファベットから始まりますが、
子どもの立場では、突然挨拶が出てきたりと戸惑う子供も多いです。
個人的に私は、予習することをお勧めします。
英語学院ではなく家庭での英語リスニングで簡単な予習をするのも十分です。


ネイティブスピーカーのハンナでした。
ありがとうございました。

小学校の英語教科書の内容を学ぶ